2021/05 北九州市小倉南区 屋根カバー工法・外壁塗装工事 Y様邸

works_after.jpg
AFTER 750.JPG
事例
塗装リフォームデータ
施工箇所 屋根カバー工法・外壁塗装
工期 約1ヵ月(天候による工期変更含む)
使用商材 外壁塗料:ガイソーウォール無機エース
    期待耐侯年数15年~20年!防カビ,防藻効果に優れ、超低汚染性を発揮する塗料
     (バイオ高圧洗浄特殊洗剤使用)
屋根材:セネター
屋根カバー工法
(重ね葺きとは)・・・
既存のカラーベスト屋根の上から新たに別の屋根材を重ね葺きする方法。
★メリット★
①既存の屋根材を剥がさずに施工できるので廃材処分の手間とコストを抑えられます。
②解体しないので石綿の飛散対策になります。
③重ねているので二重の屋根になり断熱性、遮音性が増します。

事例

無料診断の結果

施工前 施工前
yane before1.JPG
yane before2.JPG
屋根は、ドローン診断をしました。色の剥がれや汚れが全体的に見受けられます。 近づくと、塗膜が剥がれ屋根の素地が見えているのが分かります。放っておくと雨漏りの原因になりかねません。
gaiheki before1.JPG
gaiheki before2.JPG
外壁は、雨垂れしている箇所や、シミ、黒くなっているところが全体的に見受けられました。 外壁を触ると、手に白い粉が付くチョーキング現象が起き、塗り替えサインが出ていました。

施工中の様子

DSCN2238.JPG DSCN2563-250.JPG DSCN2489-250.JPG
足場を建て、垂れ幕をかけて養生をしっかりしたら工事スタートです! まずは屋根からです。今回はカバー工法なので、既存の屋根材の上に、新しい粘着型防水シートを張っていきます。 防水シートを張り終えたら、専用のビスでしっかり固定しながら新しい屋根を葺いていきます。屋根は軒先から一枚ずつ丁寧に葺いていきます。
DSCN2569-250.JPG DSCN2573.JPG IMG_1034-250.JPG
棟を取り付ける前の準備をしています。写真は樹脂製の木材にパッキンを付けている所です。 最後に棟を仕上げて完成です。 外壁塗装に入ります。
リフォーム北九州では他社と違い、黒い汚れやコケなどを水だけで洗浄する事はいたしません!水で希釈したパワークリーナーを、全体に散布し、バイオ高圧洗浄を行います。
IMG_1036-250.JPG IMG_1057-250.JPG IMG_1060-250.JPG
優秀なパワークリーナーで、汚れを根こそぎ落としていきます。 古いコーキングを剥がし、下処理をしていきます。 新しいコーキング材を注入します。
IMG_1062-250.JPG IMG_1075-250.JPG IMG_1080-250.JPG
まずは軒天から塗装します。細かい部分はハケを使って丁寧に塗装します。 下塗りを終えたところです。 中塗りをしていきます。
IMG_1084-250.JPG IMG_1093-250.JPG DSCN2729.JPG
上塗りです。 破風、鼻隠しなどの付帯部分もしっかり丁寧に塗ります。 最後に雨戸まで塗装をして完了です。






施工が完了しました
works_after.jpg
gaiheki after.JPG
yane after.JPG
外壁使用塗料品番:15-60F
落ち着いた色合いはそのままに、きれいな外壁に生まれ変わりました。
塗料はガイソーウォール無機エースです。期待耐侯年数は15~20年の高耐久塗料です。艶やかで屋根の色ともとてもマッチしています。
屋根材:セネター ティーク
カバー工法に最適な屋根材で、軽量かつ高耐候性。
既存の屋根を剥がさず、上から重ね葺きしているので、雨漏りの心配も軽減されます。

色あせの心配や塗り替える必要もなく、メンテナンスフリーの為、これからは安心ですね☆


担当者

tokiyasu2502.jpg yamamoto250.jpg takeda2019250.jpg
    担当:時安 祐右     担当 : 山本 彩子     担当:武田 浩二郎

リフォーム北九州
リフォーム北九州
外壁屋根診断
雨漏り診断
カバー工法もご検討ください
リフォーム北九州 お客様の声 福喜
施工事例 リフォーム北九州 福喜
外壁屋根診断
雨漏り診断
ドローン屋根診断
屋根診断 リフォーム北九州  福喜
屋根葺き替え 福喜

linksyu.jpg
水まわり 屋根 福喜 内装
北九州
北九州
現場ブログ 福喜
リフォーム北九州 情報ブログ 福喜
現場ブログ 福喜
リフォーム北九州 情報ブログ 福喜